日焼けしている場合うなじ脱毛はしてもらえるの?

日焼けしている場合には、脱毛施術を受ける際に注意が必要になります。特に、顔脱毛の施術を受ける際には、サンスクリーンを使用し、日焼けしないように対策を練る事が重要になるのです。
日焼けは皮膚のメラニン色素を活性化して肌の色を黒くしてしまいます。一般的に使用されているサロンでの光を使用した脱毛機器は、肌の色の濃い部分に反応するものであり、その効果からムダ毛の多い部位に加え、メラニン色素の濃い日焼けした肌にも反応してしまうのです。その為、ムダ毛が多く濃い部分に的確に反応し処理する事もできますが、焼けた肌にも反応してしまい、お肌にダメージを与えてしまうことがあるのです。このような肌が焼けた状態では、施術時の痛みも強くなり、脱毛施術時の光線の照射で火傷を起こす可能性もあります。その為、紫外線の影響を受けやすい時期に顔脱毛の施術を受ける際には、顔の肌が焼けていない事が条件になるのです。
その為、この顔脱毛の施術を受ける際には、事前に入念な対策が必要になってきます。具体的には、紫外線を遮断する事が重要で、効果の高いサンスクリーンを顔に塗るほか、帽子をかぶり、顔に照射される紫外線を遮断する事が必要になるのです。
又、顔脱毛の施術を受けた当日から数週間程度は、入念な紫外線対策をして、紫外線を遮断する事が大切です。そのため、施術期間前後の数週間程度は、効果の高い日焼け止めを顔に塗る事を心掛け、しっかりとケアを行う事が重要になるのです。